フリーダイヤル発信ボタン
form
  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 黒木の『木』について

黒木の『木』について

黒木の『木』について

こんにちは。黒木製材所です。

本格的に夏がやってきましたね!学生さんは夏休みですね!

さて、今回は、黒木製材所の『木』についてお伝えします。

昔からの言い伝えで、樹齢100年の木で建てた家は、
100年持つといわれています。

育った年月が長ければ長いほど、杉は強く逞しくなります。

強く長持ちをする家づくりにこだわる黒木製材所では、

樹齢40年以内の若い杉の木は使わずに、

樹齢50年以上の、飫肥(おび)杉、あや杉、あお杉を使っています。

それぞれの特徴はこちらです。

飫肥杉/樹脂を多く含んでいるため吸水性が低く、軽量で強度が高い。
あや杉/中・晩生型で材質が良い、赤芯で堅く艶がある、強度も優れている。
あお杉/冬針葉が青く赤変しないことからこう呼ばれる。佐伯市はあお杉の産地。

また、家づくり用の木は、建てる場所の気候、風土で育った木の方が、

非常に安定し長持ちをします。

黒木製材所では、大分県南で強く逞しく育った杉の木を厳選して使っています。

家作りを検討されている方には、事前にご連絡をいただければ、

製材所を見学していただき、黒木のこだわりの杉の木を見て触ることもできます。

もしよろしければ、ぜひお越し下さいね。

20160602suginoki_02.png

◆ 黒木製材所までの交通アクセス ◆
〒876-0111 大分県佐伯市弥生大字井崎1941

一覧に戻る

その他のお知らせ

お知らせ一覧へ

ご相談・お問い合わせ

ご不明な点やご相談は以下のご都合の良い方法にて、どうぞお気軽にご連絡下さい。

お電話

通話料無料・フリーダイヤル

フリーダイヤル発信ボタン
電話受付時間
平日 (月~金) 9:00~18:00

メールフォーム

保護された通信環境下で承ります

メールフォームへ
受付時間
24時間受付中
現在進行中14 施工例